施工事例cases

ホーム > 施工事例 > 東北の気候にはダテフロンシリーズが力を発揮します!

東北の気候にはダテフロンシリーズが力を発揮します!

施工前
施工後

宮城県大崎市M様邸 外壁・屋根塗装工事

外壁 1F      ダテフロン             ペインターラボ東北  

外壁 2F      ダテフロン             ペインターラボ東北

屋根        ダテフロン             ペインターラボ東北

付帯部       ダテフロン             ペインターラボ東北  

軒天        ケンエースG2     日本ペイント   

シーリング     オートンイクシード   オート化学 

木部        キシラデコール     大阪ガスケミカル

宮城県大崎市のM様は窓から見える1階の屋根の劣化が気になっていました。その他にも窓の下が結露で汚れたり、傷んでいることをご心配されていました。

今回のご提案はダテフロン(フッ素)と、窓の下に水切り材(ツタワン)をつけて長期間きれいを保つご提案になります。

幸い表面の塗装の剝がれ(下地までは腐食していないので)でしたので補修で対応可能でした。

既存のサイディング(外壁)に合わせて補修しました。

これで直した跡が目立たなくなります。

 

狭い箇所も手を抜かず丁寧に下地を作ります!

外壁の中塗りをしているところです。目に見えてきれいになっていくのがわかるので職人もやりがいをもって作業できます。

こちらは屋根の中塗りです。細かいところは刷毛(はけ)で塗り、大きな面はローラーで塗ります。勾配の強い屋根はふくらはぎの筋トレになります(笑)

ベランダの床も塗ると見違えるようになります。外壁、屋根、ベランダと塗る場所が変われば塗る材料も変わります。最適な材料の選定はお任せください!

外壁の上塗りです。仕上げの材料を2回塗ることでしっかりとした塗膜厚を付けることができます。塗膜厚が耐久性を決める重要な要素なので適切な量を丁寧に塗る必要があります。

木部は防腐塗料を2回塗ります。木は傷みやすいので定期的なメンテナンスが必要です。刷毛塗りが職人の技ですね!

2トーンカラーと木の風合いがマッチして素敵な仕上がりになりました。お悩みだったボードの傷みも水切り材をつけることで改善されました。塗装工事はダテフロン(フッ素)でメンテナンスサイクルを長くすることができました。

M様、ありがとうございました!

 

メールでの無料診断依頼 ご相談はこちら