施工事例cases

ホーム > 施工事例 > ロングツタワン(窓下につける水切り)で外壁を傷ます問題を解消

ロングツタワン(窓下につける水切り)で外壁を傷ます問題を解消

施工前
施工後

宮城県富谷市あけの平O様 フッ素 屋根・外壁塗装

外壁        種類 ダテフロン      塗料メーカー ペインターラボ東北  

屋根        種類 ダテフロン      塗料メーカー ペインターラボ東北  

付帯部       種類 ダテフロン      塗料メーカー ペインターラボ東北   

軒天        種類 ダテフロン      塗料メーカー ペインターラボ東北   

シーリング     種類 オートンイクシード  塗料メーカー オート化学

宮城県富谷市のO様の外壁を調査した際、北面の湿度が高めでした。

また、結露した際に窓から直接外壁を伝っていたため、窓の下の外壁が特に傷んでいました。

このままでは塗装ができないうえ、今後また結露で傷んでしまう可能性が高いです。

まず最初に傷んだ外壁を剥がすことから始めます。

こちらは窓周りではありませんが換気ダクトの周りの外壁も傷んでいたので壁を剥がして確認します。

内側のシートにカビが!!

リフォームは新築とは違い1軒1軒状態が異なります。

お住まいに適した施工が非常に大切になります。

外壁の部分貼替は同じサイディングがあれば良いですがリフォーム時期の外壁材はメーカーが生産していない場合が非常に多いです。

限りなく近いものを探しますが模様が変わりますので早めのメンテナンスをお勧めします。

 

壁と壁の間のシーリングは古いものは一度取り除いて新しく打ち直します。

その時使うシーリングは「オートンイクシード」。外壁の耐久性に劣らない超耐久のシーリング材です。

塗料をこだわって選ぶならシーリングもこだわって選びたいですね。

外壁仕上げの色とシーリングの色を合わせます。

今回軒天の色は濃いグレーです。一度下塗りで白く塗ってから仕上げの色を2回塗ります。

大きな面は写真の「ローラー」という道具をつかい、ローラーで塗れない細かい部分を刷毛で塗り、塗り残しが無いように丁寧に作業していきます。

上塗りです。塗装は適切な厚みがあってはじめて本来の耐久性が発揮できます。上塗りを2回塗るのはそのためです。

外壁も下塗りで一度白くしてから仕上げの色を塗ります。

写真ではわかりづらいですが2回塗ると違いは明らかです。

同じ色でもつやの感じが全然違います。

落ち着いたカラーになりました。

ただ塗るだけでなく、しっかり下地を直して塗ることで長持ちする塗装が実現します。

O様、ありがとうございました!

メールでの無料診断依頼 ご相談はこちら