施工事例cases

ホーム > 施工事例 > ALCパネルの目地は高耐久のオートンイクシードで安心が長持ち

ALCパネルの目地は高耐久のオートンイクシードで安心が長持ち

施工前
施工後

宮城県多賀城市S様 外壁塗装

外壁        ダテフロン             ペインターラボ東北  色 SC-01

付帯部       ダテフロン             ペインターラボ東北  色 コーヒーブラウン

軒天        ケンエースG2     日本ペイント     色 白

シーリング     オートンイクシード   オート化学      色 SC-01近似色

多賀城市のS様は震災後に屋根を葺き替えていましたので今回は外壁や付帯部の塗装をすることになりました。

ALCパネルは継ぎ目のシーリングが切れていたり、ひび割れや欠落している箇所がありましたので今回もしっかりと直してから塗装仕上げします。

まずは高圧洗浄で汚れを落とします!外部の掃除は日ごろなかなかできないので汚れが結構あります。

続いては下地処理とシーリングです。ALCパネルは経年でここが切れてしまうので塗り替えの際は充填する必要があります。

外壁の下塗りは微弾性フィラーと呼ばれる水性塗料です。厚塗りができ追従性も高い塗料です。

外壁の中塗りです。今回はダテフロン(4フッ化フッ素)施工になります。

外壁の上塗りです。塗り残しの無いように丁寧に塗っていきます。

軒天は前回の塗装の跡(刷毛目やローラーのあと)がありましたので電動のペーパー掛けをしました。密着もよくなります。

玄関の木部は防腐塗料を塗りました。建物が引き締まります。

そして完成です!

 

明るいカラーで見違えるようになりました。ダテフロンは耐久性の高い塗料です。

末永く、家族と一緒に暮らせる塗装です。

S様、ありがとうございました!

 

 

メールでの無料診断依頼 ご相談はこちら