ご契約・施工の流れflow

ホーム > ご契約・施工の流れ

ご契約の流れ

1.お問い合わせ・見積り依頼・ご質問【無料】

外壁の塗装工事をご検討の方は、まずはお問い合わせください。ホームページだけでは、どうしてもわからないことがあるかと思います。お伝えしきれないことも実はたくさんあります。

SPSは、外壁や屋根の塗装についてのお客様のどんな些細な不安や悩みにも、真剣にお応えいたします。業者に対して不安なお気持ちがあれば正直にお伝えください。すべて必ず払拭いたします。

他社様をご検討中の方で、相見積もりだけのご依頼も大歓迎です。しつこい営業や電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お電話またはFAXをご利用したい方は0120-983-443まで Eメールはinfo@sps-renovation.comから24時間受付けております。

お問い合わせ・見積り依頼・ご質問【無料】

2.担当者からの折返し連絡

ご連絡いただきましたら、担当者から折り返しお電話いたします。 お見積りのための現地調査をご希望の場合は、訪問日程の調整を行います。

担当者からの折返し連絡

3.現地調査【無料】

まずはお客様の「不安に思っているところ」「外壁や屋根の気になるところ」「他店に言われたけど、納得のいかないところ」などのお話を詳しく伺います。

その後、お客様の立会いのもとプロの技能士が「職人の目」で隅々までチェックし、お見積りの計算を行います。毎日の現場で鍛えられたその目で一般の方やセールスマンでは見つけられなかった「本当の問題点」を見抜き、その解決策も考えながら調査いたします。

もし塗装ではメンテナンスできなければ、正直にお伝えして屋根の葺き替えをお勧めするなど、お客様を第一に考えた提案をいたします。塗装工事のご提案ができると判断した場合は、そのプランの作成のために塗り替えのご希望についていくつか質問をいたします。

お見積り計算とプランはできるだけ早く作成できるように努めますが、丁寧に作業を進めるためおよそ1~2周間のお時間をいただいております。予定がわかっていれば、次回提出のスケジュールを決定させていただきます。 (予定がわからない場合は、各種資料が完成した時点で、提出の日程を調整させていただきます。)

現地調査【無料】

4.お見積り書の提出【無料】

現地調査の結果をまとめた「ご提案書」を作成いたします。 お客様のご理解を深めていただくため、調査担当者が直接訪問して結果を解説いたします。

また伺ったご予算や塗装のイメージを考慮したうえで 最適な組み合わせになるよう塗装プランを作成して「お見積り書」として提出いたします。

お見積りの各塗装プラントその内訳や費用などについても詳しく解説を行います。 ご質問にもすべてご納得いただけるまでお答えいたします。

お見積り書の提出【無料】

5.内容のご検討

「本日中にご契約いただければ50万円値引きしますよ」などと契約を急かれるといった話はよく聞かれますが、もちろん当社ではそんな事はあり得ません。そもそも、お見積りの金額は、可能な限り費用を抑えるように企業努力を重ねた結果の「最安値」だからです。

お客様にあっては、工事の時期やご予算など検討したい点はたくさんあるかと思います。 ゆっくりとご家族で話し合った上でご決断ください。

もしご決断までにご質問があれば何度でもお答えいたします。

内容のご検討

6.ご契約

お見積りの内容にご納得いただけましたら、ご契約成立となります。 口約束や見積り書のみの契約ではなく、きちんと契約書を交わしますのでご安心ください。

万が一の工事キャンセルにもしっかり対応させていただきます。 お客様のご事情もあるかと思います。工事を開始する日まで緊急キャンセルも受付けております。なお、キャンセル料や材料費などのご請求は一切いたしません。

ご契約

7.お打ち合わせ

契約書をもとにお打合わせを進めます。 お客様のご希望を伺い、工事期間や着手日時などの日程を決定いたします。

工事期間の目安としては、外壁と屋根の塗装をすると工期は10日から14日くらいかかります。もちろん、この目安は建物の広さや作業箇所、天候などによっても左右されます。

長い工期と感じるかもしれませんが、長持ちする塗装工事を行うためには最低限必要な日数となりますので、あらかじめご了承ください。

お打ち合わせ

施工の流れ

8.近隣ご挨拶

塗装工事の際、騒音やホコリなどはどうしても出てしまいます。 近隣にお住まいの方には何かにつけご迷惑をおかけするかもしれません。

そこで工事開始前には当社の担当者がお客様に代わり、近隣のお宅に訪問して明るく笑顔で挨拶回りをします。

もちろん工事中はできる限りご迷惑をおかけしないように隅々まで配慮して工事を進めます。

近隣ご挨拶

9.足場と飛散防止ネットの設置

屋根や外壁の塗装は高所の作業が必要になるので 安全かつ確実な工事が行えるように家の周りにぐるりと仮設足場を設置します。

足場設置後は、その足場の周りに飛散防止ネットを張り巡らさせます。 これは近隣住宅や屋内への塗料が飛んでしまうのを防ぐものです。目に見える形で飛ばなくても塗料は細かい粒子となり風に乗って飛んで行くため、この飛散防止ネットは必ず設置することになります。

足場と飛散防止ネットの設置

10.高圧洗浄

塗装箇所に付着したコケやカビなどの汚れは塗装ムラの原因になるため 事前に高圧洗浄によって汚れを徹底的に落とします。

塗装の耐久性を左右する重要な作業です。 手の届きづらいところや雨どいの内側など隅々まで洗浄いたします。

高圧洗浄

11.下地の補修・調整(ケレン)

下地のひび割れ・クラックや浮きなどを補修します。 工事後は塗装で見えなくなりますが、非常に重要な工程です。

窓まわりや外壁の目地のシーリングが傷んでいる場合は、そこから浸水するリスクがあるため、新たなシーリングに打ち替えます。

最後にケレンです。サンドペーパーで古い塗装膜を除去し、塗装表面に細かな凹凸を付けます。根気のいる作業ですが、塗料の定着力を高める重要な工程なので丁寧に作業を進めます。

下地の補修・調整(ケレン)

12.養生

塗装の前に、塗料で汚れてはいけない窓ガラスや床、バルコニーや植栽などにビニールで養生をしていきます。塗装する現場はこの「養生」で塗装の仕上がりに大きな差がでます。「養生がキレイな職人は何をさせてもキレイに施工する」という言葉があるくらいです。

お客様の大切な家屋に塗料が付着してベタベタにならないよう ビニールとマスキングテープが一体化した特別な養生素材を使って丁寧に作業を進めます。

養生

13.塗装

外壁塗装
外壁の素材に合わせた塗料を選び、下塗りをします。これは後に続く中塗り・上塗りの塗料を定着しやすくするための作業です。中塗り後の上塗りは、塗膜に厚みをもたせ、耐久性を高める外壁塗装の総仕上げとなります。
外壁塗装
屋根塗装
屋根を綺麗に洗浄し、下地に適した下塗り塗料を塗ります(損傷が激しい場合は2度塗り)。外壁同様、中塗り、上塗りをして仕上げます。スレート屋根(=薄い板状の屋根材)の場合は、塗料を塗り重ねていくうちに屋根同士がくっついて、雨漏りの原因にもなり得るため、タスペーサーという道具で切り離していきます。
屋根塗装
軒天塗装
軒天は普段なかなか目につきにくい場所にあるため定期的な点検・メンテナンスが欠かせません。軒天の材質がベニヤ板などの木部の場合は、木材保護塗料を、近年主流になってきているケイカル板の場合は防カビ性の塗料を塗っていきます。
軒天塗装
雨樋塗装
外壁塗装の上塗りと同じ種類の塗料を二回塗り重ねます。外壁と雨樋の色合いがマッチしていると外観も美しくなります。
雨樋塗装
雨戸・戸袋塗装
雨戸の見栄えは外観の印象を大きく左右するポイントでもあります。塗装前にさび止めの塗料を塗り、吹き付け塗装で丁寧にムラなく仕上げます。
雨戸・戸袋塗装
ベランダ・床塗装
下地材に適した下塗りを施し、下地を補強した後、ベランダに防水塗料を塗ります。外壁、屋根同様に中塗り・上塗りの計3回塗りで仕上げます。
ベランダ・床塗装

14.確認作業

塗り残しや塗料の飛散がないか、塗装した全てのパーツの仕上がりもくまなくチェックして回ります。お客様も一緒に点検しながらご確認ください。

足場のある段階でチェックするので、もし不良がある場合はその場ですぐに手直しをさせていただきます。その後、再度総合点検を実施します。

確認作業

15.足場解体・工事完了

全てのチェックが済んだら、足場を解体します。 解体終了後は養生を外し、周辺の清掃やゴミをまとめます。近隣の方々へのご挨拶も忘れません。

これで全工程完了です。 心を込めて塗装させていただきました。新築同様に生まれ変わったお住いとのご対面は、お客様の笑顔がはじける瞬間です。これからも末永くお付き合いいただけると幸いです。

足場解体・工事完了

アフターフォロー

16.保証書の発行

施工完了後は最大10年の保証書を発行いたします。 お気づきの点がございましたらどんな些細なことでもご相談ください。

SPSでは保証期間中に定期点検を実施しております。工事完了後に万が一のトラブルが発生した場合は、すぐに無償にて補修作業の対応をさせていただきます。

保証書の発行