ダテフロンの特徴plan

ホーム > ダテフロンの特徴
WB

ダテフロン

地元の次世代のペインターによる地域性を鑑みた次世代のスタンダード塗料です。 フッ素樹脂の中でもより優れた機能を発揮する、4フッ化フッ素樹脂を用いることで、様々な試験で実証されております。

特徴1:耐候性

ダテフロンは、4フッ化フッ素樹脂特有の高耐候性を有しており、紫外線や雨・風などの過酷な気象条件に対して優れた性能を発揮します。長期にわたり建物の美観を保ち、トータルコスト削減に貢献することが可能です。

特徴2:付着性

ダテフロンは、防食仕様における基準試験となるおもり落下試験でも問題がありません。金属下地に対する優れた付着性・柔軟性を発揮します。

特徴3:遮熱性

ダテフロンルーフ遮熱タイプは、夏期の省エネルギーへの貢献、ヒートアイランド現象の効果的な抑止策として期待できる遮熱塗料への対応もしております。従来の遮熱塗料に比べ耐候性・耐熱性に優れるシステムを採用しております。そのため10~20℃(気象条件・塗装色にも因ります)程度、表面温度を抑制し、熱劣化を抑制します。

特徴4:低汚染性

ダテフロンは塗膜表面に親水性成分を形成することにより、空気中の塵や埃、排気ガスなどによる雨筋汚れが少ないという特徴があります。頻繁な塗り変え困難な建物に対しても安心してお使いいただけます。

低汚染性

特徴5:フレキシブル性

ダテフロンは、塗膜の柔軟性・強靭性に優れた物性を実現しています。耐屈曲性や耐衝撃性などの物理的性能に対しても適応しており、様々な使用に用いる事が可能です。

特徴6:ラジカル制御性

ラジカル制御性

塗膜の劣化が進むと、写真のように塗膜表面に白亜化が見られ、光沢が低下し、色あせを起こしますが、指でこすっても白くなるような大きな変化はありません。

白亜化
光触媒反応の制御により、紫外線劣化を防ぎます。

宮古島の過酷な環境における実証実験により顔料選定を実施した結果、真に優れたラジカル制御性を備えた耐候性を実現しました。

特徴7:防カビ効果

ダテフロンの防カビ効果は、JIS Z2911の試験菌を含む一般建築物から頻繁に検出される57菌をさらに超えた480菌に対して効果を発揮します。

ダテフロンプラス

ダテフロンプラス

東北からお届けする新しい無機ハイブリッド塗料です。ダテフロンプラスシリーズは耐候性、対汚染性、光沢性など、その優れた性能で、快適な住まいを守る塗り替え塗料です。屋根と外壁の美しさをより長く保つなど、さまざまなメリットがあります。

特徴1:経済的

高品質なのにリーズナブル

耐候性、対汚染性等に優れた無機に、有機の柔軟性を合わせ持つダテフロンプラスは、フッ素系塗料をしのぐ性能を備えながら、コスメメリットにも優れています。

耐候性

特徴2:長持ち

ライフサイクル

ダテフロンプラスの高耐候性により、塗り替えリフォーム時期の延長が可能です。結果的にトータルのメンテナンスコストを下げることができます。

しなやかで強靭な塗膜

柔軟性がないという、従来の無機塗料の欠点を改良し、強くてフレキシブルな塗膜を実現しています。

特徴2:美しい

光沢耐候年数

ダテフロンプラスは、紫外線や雨、風、塩害に強いのが大きな特徴です。8年間の野外暴露試験で塗膜に強い紫外線を与え続けても高い光沢を維持します。フッ素樹脂塗料と比較しても非常に高い耐候性をもつことがわかります。

多彩色の意匠を活かすクリアータイプ

ダテフロンプラスは、多彩色サイディングの意匠をそのまま活かす透明タイプの塗料をラインナップしています。ベタ塗りにより意匠を損なうことがなく、美しい光沢が甦ります。

クリアータイプ
耐汚染性

壁面にみられる雨筋汚れは、空気中の塵や埃、排気ガスなどが付着したもので、降雨時に雨筋汚れとなり、乾くと外壁に徐々に表れてきます。この雨筋汚れを防ぐためには塗膜面を水で濡らすことが最も有効です。ダテフロンプラスは、従来の塗料に比べ、高い親水性をもつため、汚れを雨水で流れ落とします。雨筋暴露試験での汚染性能比較でも、雨筋汚れが付きにくくなっているのがわかります。

ラジカル制御性

塗膜の劣化が進むと、写真のように塗膜表面に白亜化が見られ、光沢が低下し、色あせをおこしますが、ダテフロンプラスは、指でこすっても白くなるような大きな変化はありません。

特徴3:遮熱性

ダテフロンルーフ遮熱タイプは、夏期の省エネルギーへの貢献、ヒートアイランド現象の効果的な抑止策として期待できる遮熱塗料への対応もしております。従来の遮熱塗料に比べ耐候性・耐熱性に優れるシステムを採用しております。そのため10~20℃(気象条件・塗装色にも因ります)程度、表面温度を抑制し、熱劣化を抑制します。

特徴4:防カビ効果

ダテフロンプラスの防カビ効果は、JIS Z2911の試験菌を含む一般建築物から頻繁に検出される57菌をさらに超えた480菌に対して効果を発揮します。