塗り替え時期repaint

ホーム > 塗り替え時期

一般的に「10年に1度」と言われる塗装工事ですが、これはあくまでも目安です。塗り替えの適切なタイミングを見極めるためには、屋根や外壁の状況を実際に調べなければなりません。まずは塗り替えの必要性や基本のチェックポイントを知ることから始めましょう。

なぜ塗り替えが必要なのか?

家の屋根や外壁は、排気ガスや砂埃、酸性雨、紫外線から生活空間を守っているのですが、この屋根と外壁を守っているが塗膜です。塗膜が劣化すると屋根材や外壁材はダイレクトに雨や紫外線を受けてしまい、住まいの構造体は劣化し雨漏りの原因になります。住まいを長持ちさせるためには、塗膜の寿命に応じた屋根材や外壁材の塗替えが不可欠なのです。

なぜ塗り替えが必要なのか?

塗り替えのメリット

  • 外壁や屋根を補強して劣化を防ぐ
  • 雨漏りを防ぐ
  • 家を長持ちさせる
  • トータルの改修費用を安く抑える

塗り替え時期の目安

屋根材や外壁材は、住まいによって様々です。ここでは、それぞれの種類に応じたメンテナンス時期のおおよその目安をお伝えします。実際には、日光がよく当たる南側や湿気のたまりやすい日陰の北側など、同じ建物であっても方角によって劣化の具合は異なる点には留意が必要です。

塗り替え時期の目安
箇所 素材 目安
外壁 モルタル 6~10年
サイディング 10年
ALCパネル 10年
屋根 カラートタン 5~8年
スレート 10年

塗り替えが必要な劣化のサイン

では、屋根や外壁がどのような状態になったら塗り替えが必要なのでしょうか。主な部位のメンテナンスが必要な症状と原因は次のとおりです。

外壁

ひび割れ
紫外線による経年劣化が原因です。
藻やカビの発生
日当たりの不良や立地による湿気の滞留が原因です。
塗装の膨れ
塗装時に外壁に水分が残っていた、梅雨など湿気の多い時期に施工したことが原因です。
チョーキング
外壁の表面を手で擦ったときに白い粉がつく現象のことです。塗料の防水効果がなくなったサインです。
目地や窓まわりのシーリングの亀裂
紫外線による経年劣化が原因です。
  • 外壁1
  • 外壁2
  • 外壁3
  • 外壁4

屋根

屋根の変色
紫外線による塗膜の経年劣化が原因です。
屋根の反り
温度変化(夏と冬の寒暖差)による経年劣化が原因です。
藻屋根の塗料の剥がれ
たった数年で剥がれるようなケースは「下地処理が不十分だった」「塗装時に水分が残存していた」などの施工ミスが原因です。
藻やカビの発生
日当たりの不良や立地による湿気の滞留が原因です。
トタンの錆(さび)の発生
経年による鉄の酸化が原因です。
  • 屋根1
  • 屋根2
  • 屋根3

一つでもあてはまる場合は、専門家にご相談ください。早めの塗り替えは、建物全体の劣化を食い止めることができ、トータルコストを抑えるという点でも大変有効です。