屋根塗装roof

ホーム > 屋根塗装

屋根塗装roof

屋根は一年中雨や紫外線が降り注ぐため塗膜の劣化が早く、塗膜が劣化してくると屋根材自体の腐食に繋がります。
そうなってしまうと雨漏りなど建物の機能を損ねてしまうので定期的かつ早めのメンテナンスが必要になります。
SPS 宍戸ペイントサービスでは屋根の状態を診断し、最適のプランをご提案致します。安心して長く住むことのできる施工をお約束します。

屋根塗装例1

ビフォー
屋根塗装例1ビフォー
アフター
屋根塗装例1アフター

屋根塗装例2

屋根塗装例2

SPSの屋根調査!

1 屋根形状、材質の違いによる下塗り材、工法の違い

いくらいい上塗り材でもぬる材質に適した下地造りをしなければ意味をなしません。
SPS では現地調査の際に状態を確認し、最適な提案をさせていただきます。

スレート屋根(コロニアル)
スレート屋根(コロニアル)

今、塗り替え市場で最も多いタイプです。金属の棟や雨押さえ、スレートで構成されています。
苔や藻をトルネード洗浄で徹底的に洗い落とします。
金属部は2液のエポキシさび止め、スレート部は2液のエポキシ造膜シーラーもしくは2液のウレタンシーラーを使用します。
年数の経過したスレートは吸い込みが激しいので2回塗ります。
また、スレートに割れがあれば新品を差し替えたうえで塗装します。

金属系屋根(トタン・ガルバリウム)
金属系屋根(トタン・ガルバリウム)

金属で構成されてますのでまずはサビが発生しているかがポイントになります。
大きなサビがない場合はトルネード洗浄に加えペーパーや皮スキなどでケレンのうえ2液のエポキシさび止めを下塗りします。
サビが広がっている場合はサンダーなどの電動工具でサビを落とし、サビ層に浸透してサビの進行を防ぐさび面浸透型プライマーを塗布してから2液のエポキシさび止めを塗ります。

乾式コンクリート瓦(モニエル)
乾式コンクリート瓦(モニエル)

セメントと砂を主原料とする瓦の一種ですが、スラリー層と呼ばれる層があり、それが塗膜のはがれの原因になるので、まずは高圧洗浄でスラリー層をできるだけ除去する必要があります。
その上でスラリー強化、専用シーラーを2回塗り付着性を高めます。

2 コロニアル屋根におけるタスペーサーの必要性を問う

屋根塗装についてインターネット等で調べると「タスペーサー」という用語を目にする機会があると思います。

  • タスペーサーを使わないと雨漏りする
  • タスペーサーを使わない業者は知識不足、手抜きの可能性

といったことをよく目にします。
はたして、本当にそうでしょうか?
私は必ずしもそうではないと声を大にして言います。
なぜなら、私自身10年以上の塗装実績の中で「タスペーサーを使わなかったことによる漏水」はないからです。 もちろん、建物の状況によってはタスペーサーが必要な場合がありますのでどういったときタスペーサーを使うのが適切なのかご説明します。

タスペーサーって?
タスペーサーって?

タスペーサーとはスレート屋根(コロニアル)を塗るときに使う縁切りの部材です。

なぜ縁切りが必要?

コロニアルはルーフィングの上にスレートを1枚1枚乗せてあるのですが、その重なりの隙間は塞いだりしません。

隙間を塞いでしまうことで雨水が屋根材の裏側にたまりやすくなり、屋根下地の腐食や雨漏りの原因になるからです。

そこで何も考えず塗装するとその隙間が埋まってしまい、前述のようなことになってしまいます。

そこで、隙間を確保する作業、「縁切り」が必要になります。

縁切りの方法

従来は屋根を仕上げたあとにカッターやヘラなどを使って屋根と屋根の隙間を開けていました。

しかし、この工法だとせっかく仕上げた屋根にあがらなくてはいけないのと、器具を差し込む時に傷がついたりと、あまりいい工法とはいえませんでした。

そこで、タスペーサーの出番です。

タスペーサーは仕上げの前に屋根の重なりに差し込み隙間を作る部材ですので、仕上げた屋根を汚す心配も、傷つける心配もないので「最適の縁切り工法」です。

ただ、、、

一般的に、「塗り替えよう!」と思ったとき、屋根を前回施工してから10年以上経過されているのではないかと思います。

長い期間直射日光や雨風にさらされたスレートは反り返ってきます。

そうなると、「縁切りをしなくても隙間がある」状態になります。

そこにタスペーサーを差し込んでも落ちてきて雨樋をつまらせたり、そもそも本来の目的である「縁切り」はされてますので過剰な施工になります。

SPSの考え

SPS では、現地調査の際にタスペーサーを実際に差し込み、必要かどうかを判断します。

そうすることで過剰な施工を防ぎ、本当に適切なご提案ができるものと考えています。

一件一件住まいの形は似ていても中身は千差万別です。その建物の状態にあった施工が必要になります。

「固定観念にとらわれない」それが我々の合言葉です。

3 著しい劣化、漏水がみられたら

現地調査の結果、塗装ではメンテナンスできないと判断した場合は屋根の重ね葺きなどをご提案します。

また、雨樋が正常に機能するか確認し、交換が必要か、などといったところも調査します。

お住まいを悩ます漏水も調査、解決致します。