SPSが選ばれる7つの安心safety

ホーム > SPSが選ばれる7つの安心

1瑕疵保険で
安心のダブル保証!!

瑕疵保険(かしほけん)って何だろう?と思われる方も多いのではないでしょうか。「瑕疵」とは欠点や欠陥を指す言葉で、塗装工事では塗膜が剥がれてしまったり変色してしまったりといったことが「瑕疵」にあたります。この「瑕疵」を保証してくれるのがリフォーム瑕疵保険です。国土交通省で定められた保険法人から派遣された建築士が工事中や工事完了後に欠点や欠陥がないか検査します。もし、欠陥があれば保険会社が保証することになるので、品質の高い工事ができる会社しか加入できない保険になっています。
工事の最初から最後までお客様が常に見るわけにはいかないと思います。そこで、お客様の代わりにプロの第三者の公正な目で検査するとなれば、お客様もよりご安心していただけるのではないでしょうか。
万が一の際も自社保証と国からの保証のダブル保証で大切なお住まいを守ります!

2万が一の時も
電話一本で駆けつけます!

塗装工事が終わった後で起こる工事不良・・不具合は何年後が起こりやすいかご存知ですか?塗装の不具合のうち実に8割は1年以内に起きていると統計が出ています。私たちは日々、一生懸命作業していますがどんなに頑張っても人がやることなので、もしかしたら不具合があるかもしれません。ですが、万が一不具合が起きてしまっても不具合の起きた原因を検証し、逃げずに、誠意をもって直す。私たちはその姿勢を大切にしています。

3お住まいの診断は資格と経験、
最新機器で行います!

外壁や屋根の塗り替えをご検討されているお客様に、今のお住まいがどのような状態なのかを無料で診断させて頂いております。ここで適切な診断が行われなければ、当然適切な工事が行われないわけですので、しっかりとした診断をしてもらえる業社にお願いすることが大切になるのです。
SPSでは、診断に必要な資格を持った「窯業サイディングメンテナンス診断士」、塗装のプロである「一級塗装技能士」、施工管理のスペシャリスト「2級建築施工管理技士」が無料診断を行います。診断の項目としては、まずあなたのお家がどのような建材を使用しているか、また、サイディングであればどのように貼られているか「直貼り」なのか「通気工法」なのかといったところを見ます。診断は打診棒や30倍顕微鏡、水分計、クラックスケールなどの道具を用いて数値で状態を確認するとともに機械の数値では見えない部分は経験豊富な診断士の目、両方をもとに行います。
また、屋根診断の際は基本的に屋根に上って状態を確認しますが、足場がない状態で屋根に上がりますので危険な場合もあります。万が一落ちてしまったら・・・私たちはお客様を不安な思いをさせないとともに正確な診断を行うために、屋根に上れないときには高所撮影用カメラを使用します。ご希望であればリアルタイムで現状をご確認いただけます。

4一級塗装技能士が
大切なお住まいを丁寧に塗ります!

建築塗装に資格があるってご存知でしたか?実務経験7年以上で塗装の知識、技術が国家試験によって合格したものにのみ与えられる「一級塗装技能士」。
国家資格保有者たちでの、本物の塗装と仕上がりは年月とともに違いが現れます。どんなにいい塗料でも使い方を間違えれば効力を発揮できません。せっかく建物にあった塗料を選ぶのですから、塗料の性能を100%発揮できる一級塗装技能士と教育を徹底された職人が施工するべきだと私たちは考えています。

5早期発見が
建物を長持ちさせる秘訣です!

外壁塗装は工事が完了したらそれでおしまいというわけではありません。むしろそこからがお客様と私たちのお付き合いの始まりだと考えています。塗装工事は数あるリフォームの中でも工事後の不具合が一番多いというデータがあります。万が一の不具合も早く発見できれば被害を最小限で食い止められます。早期発見するためにも、施工後の経過をきちんと点検してこそ保証だと私たちは考えています。
みなさんは毎年健康診断を受けられていると思いますが、それは、体調が悪いから受けるのではなく、悪いところがないか、定期的に受けているものだと思います。建物もそれと同じように、悪いところがないか、施工後の2年間定期点検にお伺いし経過を見る。これは塗装の8割が1年以内に不具合が起きるというところにつながっていきます。工事が終わった後もしっかりとフォローし迅速に対応することが私たちを信頼して頂いたお客様への感謝の証だと考えています。

6あなたの家にぴったりの塗料を使うことが
何より大切なことです。

あなたは今、塗料選びで悩まれてないですか?外壁を塗り替えるぞ!と決めてインターネットで検索するとウレタンやら、シリコンやら、ラジカルやら、フッ素やら・・さらには塗料メーカーも無数に存在し各メーカーが自社の塗料が一番いいと言っているのですから正直混乱してしまうのも無理はありません。これは実際に塗装職人として経験して思ったことですが、どの塗料メーカーにも得意、不得意があるということです。屋根ひとつとってもスレート用とトタン(金属)用で品質に差があったりします。一概にこのメーカーだから安心!とは言えないのです。塗料選びは塗料メーカーを選ぶのではなく、お客様の家に最適な塗料を提案できる業者を選ぶことが大切だと私たちは考えます。特に宮城は山もあり、海もあり、寒暖の差が激しい地域です。地域の特性、塗料の特長をよく熟知している地元の施工店があなたのお住まいに最適なご提案をします。

7AIではできない、人がやる仕事
だからこそご縁を大切にしたい

あなたは、ペインターラボ東北って知っていますか?こちらを初めてご覧の方は知らない方が多いかもしれません。ペインターラボ東北とは一級塗装技能士を擁する本物の施工店のみが加盟している団体です。現在、宮城、山形、岩手で合わせて13社で活動しています(平成30年1月8日現在)。ボランティア塗装やキャリアセミナーなどを通じて地域の皆様と交流しています。また、ワークショップでは学生が部活で使用している部室を一緒に塗装し、普段使用しているものへの感謝の気持ちや、塗装という職業の魅力を若者に伝えたりしています。しかしながらペインターラボ東北は非営利活動ですので私一人の力では決してなしえないと感じています。志を同じくする会員企業の皆様、賛同して頂いている企業の皆様、そしてみなさん地元を守る地域の方々。その人と人のつながりこそが大切なことだと私たちは考えています。