国土交通省のガイドラインに沿った診断を

  • 無料!国交省ガイドブック
  • 無料相談・無料診断

tel:0120-983-443

国土交通省のガイドラインに沿った診断を

2013年6月に国土交通省が既存住宅インスペクション・ガイドラインを策定しました。

理由としては、中古住宅はそれまでの維持管理や経年劣化の状況により
建物ごとに品質の違いがあるので、購入時に適正な建物状態を知ることのできる
インスペクションを希望する方が増えてきたことがあります。

現在は民間事業者が独自のインスペクション等を実施していますが、
これらの調査は現場で検査をする者の技術や知識の差によって判断に違いが発生します。

そのため、国土交通省がガイドラインを定めることで、
中古住宅の購入時における基本的なインスペクション調査方法を明確にし、
消費者に対してインスペクションの信頼性と正確さを守れるようにしました。

出典:国土交通省住宅局発行『住宅リフォームガイドブック』

インスペクションでは、住宅の基礎や外壁など各部位ごとに生じているひび割れ等の劣化や
不具合についての状態を、目視による非破壊で調査を行います。

劣化の状態が構造的な欠陥からくるものか、経年劣化による自然発生による原因かの
違いなどの判断をします。

国土交通省が策定したインスペクションのガイドラインでは、
既存住宅の検査を3つに分類しています。

  1. 一次的なインスペクション
    (目視などを中心とした非破壊による調査)
  2. 二次的なインスペクション
    (破壊調査も含めた詳細調査)
  3. 性能向上インスペクション
    (リフォーム前後の住宅性能を把握するもの)

出典:国土交通省「既存住宅インスペクション・ガイドラインについて」

ガイドラインの対象となるのは、
一次的なインスペクション=既存住宅現況検査となります。
戸建住宅の検査項目は以下の通りです。(塗装工事は②が中心となります)

出典:国土交通省「既存住宅インスペクション・ガイドライン」

このガイドラインは、実施内容として必要十分なものを示すものではなく、
適正な業務の実施となるよう、共通して実施することが望ましいと考えられる最小限
の内容を示そうとするものです。

状況によって必要な場合は、
破壊調査も含めた詳細調査(二次的なインスペクション)を行った上で、
塗装工事をすることがあります。

まずは、業者に診断を依頼することからスタートしましょう。

ページTOPへ