シロアリが柱を食べています!

施工事例

シロアリが柱を食べています!

シロアリ駆除
工事概要
  • 〔住所〕宮城県仙台市宮城野区燕沢東
  • 〔工事内容〕シロアリ駆除・漏水修繕

お客様との出会い

友人が以前SPSさんで塗装をしたと教えていただき、とても親切だとのことでご連絡いたしました。

入居者からシロアリがでたといわれました

入居者からシロアリがでたと連絡があり、建物が大丈夫か心配です。 駐車場の砂利がこぼれる、車がフェンスに突っ込んで壊れました。 通路で雨漏りもしているみたい。 いろいろ全部、お任せで施工してほしい。

SPSからのご提案

玄関周りの木がだいぶシロアリに食べられていました。玄関周りはもちろん、床下全体に薬剤を散布しなければなりません。 また、通路の笠木、側溝から雨漏りしていました。雨漏りにより建物が傷んでしまうので早急に対策が必要です。 漏水原因の一つは、笠木です。腰壁の上部についている板金なのですがおさまりに問題があり、雨水が入り込んでしまいます。 2つ目は側溝の収まり、ひび割れです。雨水が流れる側溝はひび割れがあり、防水処理がされていないのでここから雨水がしみ込んでしまっていました。 3つ目は階段周りのシーリングです。階段と土間の間の隙間は下の天井に直行していました。2重で防水できればいいのですが構造上難しいため、シーリングをしっかりと施工することで納めます。 駐車場の砂利は追加して、機械で固めました。出入りの際はなるべく静かに動かしてもらえればと思います。 車がフェンスに突っ込まないように車止めを新設します。

ビフォー・アフター
before
after

シロアリ食害部分。かなり食べられていました。床下、玄関土間、木部に薬剤を注入し、駆除と予防を行いました。

before
after

薬剤注入後は木部の交換と、現状に合わせて塗装仕上げを行いました。

before
after

車止めは動かないように単管パイプを地中に埋めました。

before
after

一見問題ないように見える笠木(板金)も雨水が侵入してしまう構造、痕跡を見逃しません。解体すると下地の木は水が回り込んだ形跡(シミ)がありました。

before
after

木に防水シートをまくことで万が一雨水が侵入しても大丈夫になっています。

before
after

腰壁の側溝に、なぜか板金の水切りが。基本とは異なる施工の上、水切りの下がどうなっているのか確認できません。板金を解体すると、ひび割れたまま塗装している側溝がでてきました。

before
after

側溝部分はウレタン防水を行い、階段の隙間はシーリングを行い雨水の侵入を防ぎます。

お客様の声

お客様

私たちが気づかなかった部分のご提案もいただき、ありがとうございます。 これからもよろしくお願いします。

担当者の声

Y様、この度はアパートの修繕のご依頼、誠にありがとうございます。 アパートは見た目をきれいにするだけでなく、機能的な修繕をしっかり行うことが大切です。 今回はすべての部分を修繕したわけではないので、今後も定期的に修繕なされるとよろしいかと思います。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

社長