屋根の状態によっては塗装ではなく、カバー工法がお勧めです

屋根の状態によっては塗装ではなく、カバー工法がお勧めです

10/23~10/24 足場架設 外壁高圧洗浄 屋根高圧洗浄

名取市相互台にお住まいのH様。今回塗装をご検討されて、SPSに現地調査をご依頼されました。

塗装工事を基本にしてご提案させていただこうと考えていたのですが、屋根の状態を確認したところ、塗装が難しい状態であることがわかりました。

天窓

屋根の鉄板は厚さが0.数ミリしかないのでさび落とし作業を行う際に穴が開いてしまう可能性があり、またハゼという重なり目の中で錆びているため完全なさび落としが困難なため、塗装で長持ちさせることが難しいです。

そのため、今回は屋根カバー工法での施工をご提案させていただきました。

屋根にある天窓は、雨漏りしているので交換か、ふさぐ必要があったのですが今は使用していないとのことでしたので天窓を塞ぐ方法を行います。

天窓はあかりが入るので生活においてとても気持ちがいいのですが、永久的にもつ商品ではないので、どこかのタイミングで交換や何らかのメンテナンスが必要です。

特に塗装をご検討されるタイミングが最適の場合もありますので中から見て天窓周りに茶色いしみや黒いカビが発生している場合は一度ご相談していただければと思います。

外壁高圧洗浄

外壁の高圧洗浄です。

汚れをしっかり落としてから塗装を行います。

今回は屋根カバー以外に雨樋の交換、破風のカバーを予定しています。

外壁の色も現在とかなり変えた仕上がりになるのでビフォーアフターが今からとても楽しみです。

明日以降は養生(窓などをペンキで汚れないようにビニールでふさぐ作業)やシーリングを予定しています。

それではまた!!