ぼろぼろになった外壁は貼り替えてから塗装します

ぼろぼろになった外壁は貼り替えてから塗装します

2/27 名取市M様の工事報告です。

今日はベランダ外壁の腐食していた部分の貼り替えを行いました。

下から水を吸い上げてしまって腐食していました。このような状態になってしまうと、補修や塗装で直すのは困難です。

一度外壁を剥がして、中の状況を見て貼り替え作業をします。

中の下地が腐っていないことを願います。

中の木は大丈夫でした。新しい壁を貼って吸い上げの原因になった切り口の部分の塗装をすればもつでしょう。

幸いなことに元々の外壁にかなり近い外壁材がありましたので、違和感なく収めることができました。

物によっては柄が全く合わなくなることもありますので、交換が必要な状態になる前に塗装で保護することをお勧めします。

外壁を貼り替えましたので塗装作業に移ります。

外壁を貼り替えている間に、その他の塗装作業をします。

雨樋の塗装です。

雨樋のようにつるつるしているものを塗装する際は、目あらしといってヤスリ掛けをする必要があります。

塗料の密着を高めて、長持ちさせるためです。

塗ってしまえばわからなくなることも、しっかりやっているかどうかが数年先にわかります。

雨樋の塗装です。仕上げの塗装はまた明日以降に行います。

明日以降は軒天や外壁の塗装を予定しています。

それではまた!!