外壁のひび割れをしっかり直してから塗装します

外壁のひび割れをしっかり直してから塗装します

仙台市太白区 S様 外壁塗装工事

先々週から始まった仙台市S様の塗装作業の様子をご報告します。

外壁の材質は窯業系サイディングというものになります。

窯業系サイディングはデザイン性が豊富で現在新築されているお住まいの大半を占めている建材になります。

一方で、水分にはあまり強くないという特徴と、割れやすいというところがあります。

ですので表面の塗装が劣化すると水が染みこんだりしてしまい、ボロボロになってしまいます。

そうなる前にしっかり塗装で保護する必要があるのです。

大切なお住まいに長く住めるようにまずは外壁の状態を診断することをお勧めします。

上の写真はひび割れ(クラック)が発生している部分です。

ただ塗るのではなく、ひび割れ部分を直してから塗ることが大切になります。

ひび割れ部分を埋めていきます。

その際、カッターなどでひび割れを太く切ることが大事なポイントです。

細いひび割れですと補修材が表面しか埋められず、ひび割れが再発する可能性が高くなるからです。

模様を既存の外壁と合わせていきます。

直した後が目立ちそうならこれを何回か繰り返し行います。

窓周りはシーリングの増し打ちを行いました。

プライマーという接着剤の代わりになる塗料を塗っていきます。

シーリング材をならしていきます。

シーリング完了です。

シーリングはオートンイクシードという非常に耐久性に優れたものを使用しています。

外壁の上塗りだけでなくシーリング材などの部分を吟味することでお住まい全体のメンテナンスサイクルを合わせ、延ばすことができます。

詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

続いて軒天の塗装です。

軒天とは家の外にある天井のことを言います。

今回は外壁と同じ色の仕上げになります。

軒天は屋根裏の湿気などで、非常にカビやすい部分になります。

防カビ性能の高い塗料を2回塗りで仕上げます。

軒天の上塗りです。

塗り残しを確認しながら丁寧に仕上げていきます。

外壁の下塗り作業です。

微弾性フィラーという、厚みの付く下塗り材を使用しています。

真っ白に染め上げてから中塗り、上塗りを行います。

続いて破風の塗装の前準備です。

今回は雨樋を交換するので塗装前に一度すべて外しました。

元々破風がついていた部分は穴が開いているので、すべて埋めて、紙やすりで表面を整えました。

続いて下塗りです。

グレー色が瓦と色の相性がいいですね(^^♪

 

塗装作業は順調だったのですが・・・

浴室の外壁が傷んでいましたので貼り替えのため外壁を剥がしたら・・・

白アリの被害がありました。

一旦こちらの部分は塗装はストップして、床下を含め白アリ被害の調査をしてからの施工になります。

被害が進んでいなければいいのですが・・・