名取市植松 屋根塗装・漏水修繕 2020/6/4施工事例一覧

名取市植松 屋根塗装・漏水修繕 2020/6/4

屋根の塗装は下地処理が大事ですよ!

6/19~7/4 屋根下塗り・中塗り・上塗り 内装クロス貼り

梅雨真っただ中!!

梅雨入りしてからしばらく晴れの日が続いてたのですっかり油断していました。

植松の屋根塗装、予定より進みが悪くご不便をおかけしております。

間違いない天気の時にしっかりと進めていきますので今しばらくお待ちくださいませ。

さて、晴れ間の時に行った塗装の報告です。

屋根の目あらし

洗浄後に屋根の目あらしを行います。

金属屋根は表面がつるつるなのでこうして細かい傷をつけてから塗らないと密着が悪く、剥がれの原因となったりします。

塗料選びも大切ですが当たり前な下地処理をしっかり行うことがより大切です。

 

屋根の下塗り作業です。

屋根の塗装は長時間腰を曲げて塗ると腰がとんでもない痛みに襲われるので持つ部分を長くして体の負担を減らして塗ります。

この塗り方をすると目線が全体を見渡せるので塗り残しもしづらくなるといった利点もあります。

屋根の塗装

屋根の中塗りです。

毎日こんな天気だったらいいのにな~と強く願っていますがなかなかお空に願いが届きません(>_<)

屋根の塗装

屋根の上塗りです。

塗膜がしっかり厚くついているので光沢がすごいです(^^)

これだけしっかり塗れば長持ちしますね(^^♪

屋根の漏水

内装は屋根の雨漏りによって天井にシミができていました。

今回雨漏りの原因を直しましたので、天井をきれいにリフォームします。

木部の研磨

染みのあった木部を電動工具を使い研磨していきます。

クリアー塗装

研磨が終わりましたら保護の塗装をします。

クリアー塗装

透明ですので乾くと白木の色になります。

クロス貼り

天井にクロスを貼ります。

今回のような板目のクロスもあるので、和室の天井のシミを直したい方でそんなにお日にちをとれない方に特におすすめです!

見た目も本物の板みたいです。

6月から行っていた名取市植松S様邸塗装工事。残すは1階の屋根の上塗りのみなのですが、天気が悪くなかなか作業できる日がありません。

しっかりとした塗装を行いますので、今しばらくお待ちくださいませ。

それではまた!!

風で屋根が飛んでしまいました!!

6/12~6/18 雨押え、棟交換 高圧洗浄

名取市植松にお住まいのS様。

先日の強風の後にご夫婦でご来社されました。

「風で屋根が飛ばされてしまったんですが・・・」

どこに相談すればいいのかわからず、大変心配そうな顔をされていました。

私たちSPSは塗装工事だけでなくお住まいのことならなんでもご相談に乗りますのでどうぞご安心してお任せください(^^)

その日に屋根に上がり、現状を確認しました。

棟が風で飛ばされた

屋根の「棟」という部分が風で飛ばされ、下地の木がむき出しになっていました。

このままでは雨が降ると雨漏りし大変なことになってしまいます。

一旦、雨漏りしないように簡易的な修理をし、本格的な工事に備えました。

また、全体的な調査をしたところ、屋根の雨押えという部分から漏水していることがわかりました。

雨押え

強い雨が降るとこの部分から雨水が入ってしまいます。

雨漏り後の天井

前回塗装した際、高圧洗浄で水が入ってきたとおっしゃっていたので、今回ここをしっかり直して今後安心できるような塗装工事をいたします。

棟の撤去

まず棟を撤去します。

棟から水が入らないように板金で立ち上がりを作り設置します。

棟の下地

強い雨が降った際、棟部分からも雨が入るケースも多いのでしっかりと改善いたします。

棟の下地

下地を作りました。

棟交換

棟を取り付けました。

見た目だけでなく雨漏りをしっかりと防ぐ棟の完成です。

雨押え

雨押えも板金で加工し台風がきても雨が入らないようにしました。

屋根の修理

ベランダの下も床板を外し、しっかり直しました。

これで高圧洗浄しても水が入らないはずです。

翌日は塗装の下処理を兼ねた散水検査と高圧洗浄を行いました。

屋根の高圧洗浄

高圧洗浄しても水が入らないことを確認しました。

これで塗装前の準備は完了です。

3回塗りでしっかりと作業をしたいと思います。

それではまた!!