雨漏りの原因を突き止めます!

雨漏りの原因を突き止めます!

皆様お世話になっております。SPS宍戸ペイントサービス 宍戸です。

最近、雨漏りにかんするお悩みのお問い合わせがとても多くなりました。

今回は最近の雨漏り調査と修繕についてお話しさせていただきます。

 

雨漏りを止める工事で最も重要なのは、原因をみつけることです。

雨漏りが経年劣化によるものなのか、構造によるものなのか、破損によるものなのか・・

 

言葉では簡単に言っても、その特定はかなり難しく、業者にみてもらったけど原因がわからなかった、というお話もよくいただきます。

SPSでは、豊富な経験とサーモグラフィーなどの器具を使って雨漏りの原因を特定します。

 

こちらは仙台市太白区のA様。

天井の雨染み

2階和室の天井に雨染みがありました。

大雨の時に奥様が気づいたようです。

シミができているので屋根裏に潜り雨水の侵入経路を探ります。

屋根裏のスペースが広かったのでスムーズに雨染みのところまでたどり着けました。

屋根裏の雨漏り

断熱材にシミがありました。

この上から雨水が落ちてきたというのがわかります。

屋根裏の雨染み

シミがありました。

ここから雨水が侵入しています。

シミが出ている反対側の屋根は棟という部分になり、そこが雨漏りの原因であることがわかりました。

屋根の棟

この斜めになっている部分が棟です。

屋根の棟のすきま

屋根の傾斜が緩いことに加え、棟をかぶせた中の屋根材の立ち上がりの処理にもんだいがありました。

屋根の傷み

屋根の下の防水シートが劣化により破れてしまっていました。

屋根の修理

屋根の立ち上がりの不具合を改善します。

屋根の棟の修理

屋根の棟の修理

屋根の棟修理

棟の交換完了です。

今回の漏水はもともと雨水が入りやすい構造になっていて、2次防水としてあった防水シートが劣化により破損したことによるものでした。

このような原因の場合は、建てたときは大丈夫だったのに・・・

というお話になります。

ですが、屋根の下の防水シートはあくまで2次防水ですのでそこに頼った防水、屋根仕様ですと経年により雨漏りしてしまいます。

ですので雨水を外側でしっかりと跳ね返す施工が必要になります。

 

 

 

雨漏りは様々なことが原因で起こります。

原因を突き止められなければ直すことができないので、全力で調査させていただいております。

雨漏りにお悩みの方は一度ご相談ください。