錆びた屋根は磨き作業が肝心です

錆びた屋根は磨き作業が肝心です

10/10 足場架設 屋根高圧洗浄 さび落とし 錆止め 下塗り 中塗り

名取市植松にお住まいのA様。SPSより徒歩1分のご近所さんです。

今回は作業場の屋根の塗装のご依頼をいただきました。

A様は農業をやられていて、立派な作業場があるのですがトタン屋根で定期的に塗らないと錆が発生してしまいます。

現状錆が発生している部分の磨き作業と、下塗り~上塗りとプロの作業で長持ちする塗装工事を行いたいと思います。

屋根

増築部の屋根です。

錆びは発生していませんが、塗膜がだいぶ弱っていました。

屋根高圧洗浄

高圧洗浄で塗膜を剥がし洗います。

屋根

だいぶ色がとれました。

洗浄で取れてしまうような色の上に塗装してもすぐに剥がれるので、とても大事な作業です。

屋根の錆

先に建てられた作業場の屋根はかなり錆びていました。

雪止めは交換し、錆びている部分を電動工具で磨きます。

屋根さび落とし

磨き終わったら、錆を強力に抑える塗料を下塗りします。

屋根塗装

錆を磨かないで塗装するとその時はそれなりに仕上がりますが何年もしないうちに剥がれてしまいます。

下地処理の丁寧さが求められます。

屋根の塗装

続いて屋根の下塗り作業です。下塗りは黒の錆止め塗料を塗っています。

こちらの錆止めは2液型のエポキシ錆止めといって、密着力がとても高い下塗り材です。

屋根塗装

細かい部分はハケで、大きな面はローラーで塗ります。

屋根塗装

続いて屋根の中塗り作業です。

屋根はもともとの色に近い、ビーバーレッドを塗っています。

2液型のシリコン塗料で、きれいな状態が長持ちします(^^♪

仕上がりが楽しみですね。

それではまた!!