ノンアスベストのスレート屋根は状態をしっかりと見極める必要があります。

ノンアスベストのスレート屋根は状態をしっかりと見極める必要があります。

10/30~11/6 足場架設 高圧洗浄 屋根塗装

名取市高館にお住まいのY様。今回は初めての屋根の塗装です。

屋根の材質はスレートです。

スレートは住宅において人気の屋根材ですが、アスベスト使用禁止に伴い、以前は使用されていたアスベストを使用しないノンアスベストのスレート屋根が現在では使われています。

安全性の面ではもちろんいいのですが、初期に販売されていたノンアスベストの屋根材で、耐久性能が著しく悪いものがありました。

そのような屋根に塗装しても、劣化を止めることができないため、塗装費用が無駄になってしまいます。

ノンアスベストの屋根材は塗装ができるものかどうかをしっかりと見極められなければならないのです。

さて、今回はというと、ノンアスベストの屋根材ですが現時点では塗装ができる状態でした。

塗装後は定期的に観察させていただきます。

屋根高圧洗浄

足場設置後、高圧洗浄を行いました。

黒い汚れがおち、めちゃめちゃきれいになっているのがわかります。

この状態を作らないと塗装が密着しないので汚れ落としが無いようにしっかりと作業していきます。

屋根塗装

屋根の塗装、下塗り1回目です。

塗装作業は1日1工程で行います。

塗料の乾燥的には1日2回塗れますが、冬が近づいてきて朝夕冷え込むのでそこをさせて塗装しています。

屋根塗装

屋根下塗り2回目です。

年数の経過したスレート屋根は塗料がしみこんでしまうので、下塗り1回では上塗りの効果が半減してしまいます。

見えづらい作業ではありますがひとつひとつ丁寧に作業させていただいております。

明日からは仕上げ塗装作業を行います。

それではまた!!