塗装工事は下地処理を丁寧に!

塗装工事は下地処理を丁寧に!

11/17~11/25 屋根塗装 下地処理

名取市相互台にお住まいのI様。

今回が2回目の塗り替えになります。

北面に苔が付きやすく、汚れがとても気になるとお話しいただきました。

基本的にSPSでご提案する塗料は耐久性、汚染性に優れていますので、通常よりもかなり汚れはつきづらいのではないかと思います。

また大型の雨樋がついていて、雪の重みで変形している部分がありました。

長持ちする塗装に合わせて今回雨樋も交換し、長く安心して暮らせる塗装リフォーム工事を施工させていただきます。

屋根高圧洗浄

足場設置後、高圧洗浄から塗装工事開始です。

高圧洗浄で蓄積した汚れ、剥がれかけている塗膜を洗っていきます。

高圧洗浄

外壁や付帯部などもきれいに洗いました。

塗装工事でとても大切な工程、下地処理。

まずは屋根の金属部分の研磨を行いました。

目あらし

今回の金属部分は塩ビシートが貼ってあるタイプで、経年によりシートがめくれ、錆びてしまっていました。

しっかりくっついている部分はのこし、はがせる部分はしっかり磨き下地を整えます。

屋根

ベランダ外壁では塗膜が膨らんでいました。

外壁塗膜の膨れ

一見、模様のようにみえますが・・・

塗膜の膨れ

外壁と塗装の間は空洞になっていました。

このまま塗装するわけにいかないので、全面塗膜を研磨して、密着していない塗膜を削り落とします。

塗膜研磨

電動工具で作業しますが、非常に根気のいる作業です(;^_^A

長持ちする外壁塗装をするために手間をかけて頑張ります。

破風ケレン

雨樋を外した破風は塗装の段差があるのでペーパー掛けで平滑にしていきます。

破風塗装

破風を下塗りします。

下塗り後に釘の穴を埋めていきます。

屋根塗装

屋根塗装は下塗り作業を行いました。

塗装工事でよくある話として、塗り始めるとあっという間、というのがあります。

塗り作業は進行が見えるので速く進んでいるように感じるというのもありますが、それだけ下地処理は時間をかけて丁寧に行う必要があるということだと思っています。

I様邸も下地が終わって塗りが始まったので、ここからはあっという間・・

に感じるかもしれません。(^^)

明日からもよろしくお願いします。

それではまた!!