外壁の凍害対策はツタワンDがおすすめ!

外壁の凍害対策はツタワンDがおすすめ!

10/6~11/3 

仙台市太白区中田にお住いのO様。

現場調査の際、天井にシミがあるとのことでご心配されていました。

漏水調査のために室内で目にはいったのは阪神タイガースのポスターとグッズ!! 

私の父も阪神タイガースのファンで幼少のころは私もファンになるよう英才教育を受けていましたので、(;^ω^)

思わず話に花が咲いてしまい脱線しかかってしまいました(;^ω^)

今年は残念ながら優勝できませんでしたが来年に楽しみと期待ができますね。

 

さて、漏水調査でしたが天井裏を確認したところ、漏水は見られませんでした。

天井のしみは結露によるシミでした。

天井の断熱材(グラスウール)がずれたり、隙間があるとこういった現象がよく出ますので、一度ご連絡いただければ確認させていただきますのでお気軽におっしゃってくださいね。

足場

塗装工事は足場をかけて、高圧洗浄からのスタートです。

足場から距離はありますが念のため車に養生シートをかけて作業しました。

高圧洗浄

全体的にチョーキング現象が進行していました。

時間をかけて丁寧に外壁やサッシを洗っていきます。

外壁補修

外壁のひび割れ部分を直すのに、まずはひび割れをカッターで太くします。

こうすることで補修の材料をしっかり詰めることができるんです。

クラック補修

ひび割れ部分に下塗りをします。補修材の密着がよくなります。

クラック補修

補修材を充填します。

クラック補修

補修材は2回充填しました。

クラック補修

補修材が硬化したら表面を整え塗装に移ります。

シーリング

外壁のひび割れ以外にも下地処理をする箇所があります。

外壁のつなぎ目やサッシ周りなどのシーリングです。

シーリングはゴムのような柔らかい材質なのですが、経年とともに硬くなり、ひび割れしてしまいます。

ひび割れすると雨水が侵入してしまう恐れがあるので塗り替えの際は必ずシーリングの状態をチェックしてくださいね。

プライマー

シーリング

窓周り、壁のつなぎ目をシーリングしました(^^)/

塗装

続いて軒天の塗装を行います。

軒天といえば白!のイメージが強いですが黒の軒天もかっこいいですね(^^)/

塗装

2回塗りで仕上げました。

黒い軒天は汚れが目立ちづらいので蜘蛛の巣の跡が気になる方はいいかもしれませんね!

外壁塗装

外壁は3回塗りです。

まずは下塗りをします。いったん白で全体を染め上げます。

外壁塗装

続いて中塗りを行います。

中塗りはお客様が選んだ色を塗っていきます。

いよいよ仕上がりの雰囲気が見えてきますね!

外壁塗装

外壁の上塗りです。

3回塗ることで塗膜の厚みがしっかりとつき、塗料本来の耐久性が発揮できます。

見た目にもしっかりと厚みがあるのがわかりますね(^^)/

ツタワン

外壁塗装後、サッシの下にツタワンDという水切り材を取り付けました。

結露や雨水がサッシ下から外壁に伝うと、冬場に凍害を起こしてしまい外壁がボロボロになってしまいます。

それを防ぐ効果がある部材なのですが名前がツタワンD(デー)。

ツタワンデー。

伝わんでー。

 

 

建築業界ってこんなネーミングよくあります。

 

塗装

破風や雨樋も丁寧に仕上げました。

塗装工事

新築時をイメージした今回の外壁塗装工事。

とてもきれいになりO様からもイメージ通りの色で大変喜びの声をいただきました。

内装の塗装工事のご依頼もいただきありがとうございます。

そちらも一生懸命作業させていただきます。

O様、ありがとうございました!!

家