屋根の塗装は雪止めを外して行いました

屋根の塗装は雪止めを外して行いました

12/8~12/18

前回はシーリング工事まで終わっていた仙台市青葉区北根黒松のY様邸塗装工事。

今日からはいよいよ塗装開始です。

まずは屋根の塗装。

屋根塗装

金属屋根の下塗りは錆止め効果のある塗料を使用します。

今回は雪止めのさびがかなり進んでいたので取り外して塗装します。

雪止めを取り外すと塗りやすくなるのでこういう細かい作業が塗装メンテナンスでは大切なことなんです。

屋根塗装

屋根のさび止めが終わったら続いて中塗り作業を行います。

この時点できれいに見えますが、耐久性を高めるためにもう一度塗ります。

3回塗装することで塗装の厚みが増すので、耐久性を発揮できるんです。

塗装

外壁を塗る前に、軒天を塗装します。

一般的には白で塗るかたが多いですが、今回は黒での仕上げとなってます。

塗装

乾くと艶が消え、マットな仕上がりになります。

外壁塗装

外壁は下塗りから行います。

一度全体を白色に染めていきます。

外壁塗装

外壁塗装の中塗りです。

既存の外壁色と近い色の仕上がりになりそうですね。

外壁塗装

外壁塗装の上塗りです。

3回塗りで見た目も厚みを感じる仕上がり感となっています。

塗装

外壁が仕上がったら各所の塗装も仕上げていきます。

工事も残すところ雨樋の取り付け、屋根の仕上げとなっています。

足場解体予定日まで全力で作業したいと思います。

それではまた!!