トタン屋根とスレート屋根は下塗りを変えて塗ります

トタン屋根とスレート屋根は下塗りを変えて塗ります

2/12 本日は屋根の塗装を中心に行いました!

T様の屋根は増築した時もともとの屋根材と違う屋根材を使用していたので、2種類の下塗り材を使い分けます!

もともとのほうはトタン屋根ですので、ケレンという下地作りをする作業をしてから錆止めを、増築部分のほうはスレート屋根(コロニアル)ですのでシーラーを2回塗ります!

表面を磨いて塗料の密着を良くする作業です。

続いて錆止めです。黒い屋根に黒い錆止めなので乾くと塗ったところがわかりづらいですね。

こちらはコロニアルの屋根の下塗り1回目です。ほぼ吸い込みは止まっていますがもう一度塗ります。

2回塗れば仕上がりも耐久性も格段にアップします!!

明日は屋根の中塗り作業や外壁なども進めていこうと思います!

それではまた!!