錆びている屋根は丁寧な下地処理をして塗り替えます

錆びている屋根は丁寧な下地処理をして塗り替えます

8/6 仙台市若林区沖野 O様 屋根塗装工事

先日足場をかけた仙台市のO様邸。

今回は屋根の塗装工事となります。

築年数も30年を超え屋根のサビが見えてきて・・とお悩みでした。

屋根の葺き替えも考えましたが愛着のあるお住まいを塗装でリニューアルすることを選択されました。

 

屋根の重なった部分からかなりサビが出ています。

工具を使って錆や剥がれかけた塗膜を削っていきます。

高圧洗浄で洗い流します。

今回は雪止め、雪止め周りがサビがひどかったので雪止めを交換することになりました。

8/7 屋根塗装 下塗り・中塗り

今日は屋根の下塗り作業と中塗り作業を行いました。

夏場ということと、そもそもの塗料の乾燥時間が短いものを使用しているため作業効率があがっております。

私がペンキ屋になったばかりのころは1回塗ったらその日は何もできない・・

そんな塗料ばかりでしたから、今は本当に施工しやすくなったと思います。

勿論、乾燥が早くなったので塗るスピードや技術がより求められるようになりましたけどね!

下塗り作業です。

2液の錆止めを塗っています。

屋根の重なりなどの狭い部分はあらかじめハケで塗っておいて、大きな面をローラーで塗装します。

ローラーも色々な種類があるのでトタン屋根に適したものを使って作業します。

中塗り作業も同様に塗っていきます。

今回は2液のシリコン塗料を塗っています。

ベストセラー商品で安心の品質です。

ちなみに、宮城エリアでは屋根の塗装は2液の塗料を強くお勧めします。

高耐久といわれているシリコンでも1液タイプだと2液タイプに比べて明らかに色あせ、艶引けが早いです。

せっかく手間をかけて作業するのですから、間違いない塗料を使いたいですよね!

それではまた!!