仙台市太白区 外壁塗装・屋根塗装 A様邸施工事例一覧

仙台市太白区 外壁塗装・屋根塗装 A様邸

雨漏りした部分を特定し、直してから塗装します

3/28~4/4 棟板金 軒天貼り替え 外壁下塗り・中塗り・上塗り 軒天中塗り・上塗り

今日からは下地の工事を行います。

A様邸ではただ塗装するだけでは直らない部分がありました。

まずは軒天です。

軒天をはがしていきます。

屋根や破風からの漏水、天井裏の湿気などで軒天が腐食していました。

もともとは薄いベニヤ板でしたが、今回は湿気に強いケイカル板というものを使用していきます。

貼り替えてから塗装で仕上げます。

続いて漏水のあった棟の交換です。

一度棟を解体します。

屋根の立ち上がり部分に板金を差し込み、大雨の際に水が入らないように加工します。

下地の木を取り付けます。

しっかりとした棟の下地ができました。

今回の屋根のように傾斜が緩い場合は今回の施工のように2重、3重の防水施工を行う必要があります。

棟の交換が完了しました。

この後、塗装します。

雨樋、破風もかなり傷んでいました。

雨樋は変形していて、雨水がこぼれてしまうようでした。

こういった場合は塗装ではなく、交換をご提案いたします。

雨樋を取り外しました。

続いて塗装工事に移ります。

最初に窓など、塗らない部分をビニールなどでふさぎます。

軒天の塗装を行います。

軒天の上塗りです。

塗りたての時は光っていますが、乾くと艶が消える仕上がりとなります。

軒天の塗料は防カビ性能に特化した塗料を使用しています。

その部位にあわせた塗料選びが塗り替え工事においてとても大切なこととなります。

外壁の下塗り作業です。

外壁の下塗りは微弾性フィラーという塗料を使用します。

モルタル系の外壁の下塗りにぴったりで、厚みがつく塗料です。

髪の毛程度の細いひび割れなどもこの塗料で埋めることができる優れた塗料です。

外壁の中塗り作業です。

外壁の上塗り作業です。

今回は2液のシリコンで仕上げています。

外壁が仕上がったら細かい部分の塗装を行います。

職人の技が光る作業です。

これで2階部分の塗装が完了しました。

明日以降は2階の破風、雨樋取り付け作業と1階の塗装を同時に進行していきます。

工事も折り返しに差し掛かりました。

引き続き安全に、丁寧に作業したいと思います。

それではまた!!

 

 

下地を直して塗装することに意味があります

3/23~3/27 足場架設 高圧洗浄 屋根下塗り・中塗り

仙台市太白区中田にお住まいのA様。

前回の塗装からしばらく経過していました。

今回塗装をご検討されたきっかけは大雨の際に発生した雨漏りです。

2階の天井にシミができていていたのを奥さんが発見しました。

意外と、気が付かないものですよね。

このような天井のシミの原因は大半が屋根にあります。

屋根の上からと、屋根裏に侵入してどこから漏水しているのか確認します。

SPS宍戸ペイントサービスではサーモグラフィーを使用したりして漏水の原因を特定したりしますが、何よりもまず屋根裏にもぐる。これが漏水を特定する一番の方法です。

私の体重で天井を突き破らないように丈夫なところを選んで屋根裏を動きます。

断熱材に雨染みがありました。

ここが天井のシミの原因です。

ではどこから水が落ちてきたのか・・・

屋根の棟の付近に雨染みがありました。

昨日今日できたシミというよりは長い間かけてできたシミです。

漏水の原因はこの棟という部分にあります。

こちらは漏水しないような取り付けをします。

足場かかかりましたら高圧洗浄からのスタートです。

漏水していますので、注意しながら作業を行います。

外壁も洗います。

翌日は屋根の塗装を行いました。

錆止めを最初に塗ります。

横葺きと呼ばれる金属の屋根は屋根材の重なり目が細いハケでないと塗れないので、作業に時間がかかります。

ですがここは水が溜まりやすく屋根の中でで最も傷みやすい部分ですので、下塗りから丁寧に作業する必要があります。

続いて中塗りです。

こちらも錆止め同様細かい部分はハケで塗り、大きな部分はローラーで塗っていきます。

キレイに仕上がりそうです(^^♪

軒天は薄いベニヤ板で、ほとんどの部分で腐食していました。

こちらはベニヤからケイカル板と言うものに貼り替えてから塗装します。

ただ塗るだけでなく、材質が塗れる状態なのか、そうでなければどう直すのか。

塗装リフォーム工事においてとても大切なことです。

明日からは棟の直しや軒天の貼替作業を行う予定です。

それではまた!!