仙台市宮城野区 外壁塗装・屋根塗装 H様邸 1/4~施工事例一覧

仙台市宮城野区 外壁塗装・屋根塗装 H様邸 1/4~

超耐久シーリング、オートンイクシードの欠点

1/7~1/17

外壁を塗る前にシーリングを行いました。

シーリングの材料は仕上げ塗料によって変えていきます。

今回の外壁の仕上げ塗料は柔軟性のある無機塗料です。

従来の無機塗料=硬い

硬い=割れやすい

を克服した画期的な塗料で外壁塗装を長持ちさせたい方に特におすすめしている塗料です。

耐久性はフッ素以上となっているので、シーリング材もそれに負けないように耐久性の高いものを選ぶ必要があります。

H様のお住いのシーリングはオート化学より販売されているオートンイクシード。

ウレタン系のシーリング材なのですが、耐久性は一般住宅用のものでは最高クラスとなっています。

また、塗料との相性もいいので塗装がよく密着します。

いいことばかりお伝えしましたが、施工においては欠点があります。

 

それは、硬化時間がめちゃくちゃ遅いということ。

表面は割とすぐ乾きますが中はグニャグニャしている感じが残ります。

もちろん塗装できる状態ではないので、固まるまでそれ以外の作業を進めていきます。

気温によって変わりますが、今時期だと1週間は覚悟しなくてはなりません。

ただ、外壁塗装以外にもやることがあるので現場は休まないで稼働しています(^^)/

シーリング

シーリング

サッシ周りや外壁のつなぎ目(目地)のシーリングを行いました。

塗装

シーリングが固まるまでほかの部分の塗装を進めます。

塗装

塗装

屋根の中塗りも行いました。

屋根塗装

屋根も外壁以上の性能を誇る無機塗料を使用しています。

こうしているうちにシーリング完了から1週間以上経過しました。

確認したらしっかり硬化していたので、明日以降いよいよ外壁の塗装を進めていきます。

それではまた!!

 

 

仙台市宮城野区宮千代で塗装工事始まりました!

1/4~1/6

新年あけましておめでとうございます。

今年も一生懸命頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年一発目の塗装工事着工は仙台市宮城野区宮千代のH様邸です。

こちらは3階建てのお住いです。日本の家屋は2階建てが多いですが、土地の有効活用等考えると今後3階建ても増えるかもしれませんね。

足場

足場が建つとやはり迫力がありますね。

袋小路の立地になりますので、お隣さんにご迷惑をかけないように作業をしたいと思います。

高圧洗浄

足場設置後は高圧洗浄を行いました。

気温が低いですが、しっかり丁寧に洗わせていただきました。

高圧洗浄

外壁やサッシ、隅々まで洗浄しました。

続いてシーリングの撤去作業です。

シーリング撤去

外壁のつなぎ目のシーリングは経年により割れや切れている箇所がありました。

塗り替えをする場合はこの部分をしっかり直すことが重要です。

屋根目あらし

同時進行で屋根の下地処理を行っています。

屋根はガルバリウム鋼板なのですが、表面がつるっとしているので塗料の密着があまりよくありません。

サンドペーパーなどで表面に細かい傷をいれてから塗装します。(目あらし)

仕上がった時はわからなくなる工程ですが、塗装の持ちが変わるとても大切な作業なんです。

屋根塗装

目あらしが終わったら、下塗りを行います。

下塗りには錆止め効果のある塗料を使用しています。

屋根の重なり部分はローラーで塗りきれないので、はけを使って塗ります。

この部分は屋根で錆びやすいポイントですので下塗りを漏れなく塗っていくことがポイントです。

年明けてから気温がぐっと下がりました。

日中の気温を見ながらできる作業を行っていきたいと思います。

それではまた!!