亘理町 外壁塗装 屋根カバー工法 O様邸 2021.06.07施工事例一覧

亘理町 外壁塗装 屋根カバー工法 O様邸 2021.06.07

外壁塗装、屋根カバー工事完了しました!

8/27~9/8

長期にわたって行っていた亘理町のO様邸外壁塗装、屋根カバー工事。

いよいよ完成しました!

屋根の割れ

施工前の屋根はこのような状態でした。

屋根

ガルバリウム鋼板で今後は屋根の割れの心配はなくなりました!

家

施工前の外観はこのような雰囲気。

塗装後の家

めちゃくちゃクールでかっこいい仕上がりです!

長年住んだ家の色は愛着もあり、なかなかガラッと変えるのは勇気がいりますが、10年に一回ですので思い切ったカラーチェンジもやってみる価値ありですね!(^^)/

今回の工事で見た目がきれいになっただけでなく、屋根カバーすることで耐久性も上がりました。

これからもご家族仲良く暮らせるお住いとなりました。

O様、今後もお住いのことでお困りごとございましたらお遠慮なくお声がけください(^^♪

ありがとうございました!

 

 

 

屋根ガルバリウム鋼板カバー工法始まりました

8/2~8/26 屋根ガルバリウム鋼板カバー工法

ノンアスベストのスレート屋根の上にガルバリウム鋼板をカバーする工事を行っています。

塗装の目的である美観の向上と建材の保護。これができない状態になっているときに屋根工事を行わなければなりません。

屋根のリフォームで主流になっているのはガルバリウム鋼板といわれる金属系の屋根です。

従来のトタン屋根に比べ錆が発生しづらく、軽量であるためリフォームに最適です。

ルーフィング

屋根前面にルーフィングという防水シートを貼っていきます。

万が一屋根がなくなってもこのシートが漏水を防ぎます。

建物の大事な部分はこのように2重に防水をすることで、漏水のリスクよりお住まいを守ります。

屋根工事

屋根を葺いていきます。

隠れる部分をビス止めしますが、ビス部分にもシーリング処理をします。

このひと手間は屋根が仕上がるとわからなくなりますが、お住いの健康には全然変わってきます。

見えなくなる部分だからこそしっかりと作業しなくてはなりませんね。

屋根カバー工法

大まかな部分が完了し、残すは棟や雨押えなど細かい部分となります。

工事日数がのびてしまっていますので晴れる日が続いてくれることを祈るばかりです。

ラストスパートになりますが最後まで丁寧な作業を行いたいと思います。

それではまた!!

サイディング(外壁)の反り返りを直して塗装する!

6/7~6/25 外壁塗装・屋根カバー工法

亘理町にお住まいのO様。

今回が初めての塗り替え工事です。

屋根の傷みや外壁の反り返りが気になり今回お問い合わせいただきました。

ノンアスベストスレート

屋根はノンアスベストのスレート屋根です。

アスベスト規制がかかってから登場したこちらの屋根材は築10年を経過したあたりからひび割れや欠損が進行してしまうといったことが起こってしまいます。

この状態になると塗装しても割れの進行を止めることができないため、塗装をする意味がありません。

屋根の葺き替えもしくはカバー工法でのリフォームをすることになります。

今回は屋根材を撤去せず、上にかぶせていくガルバリウム鋼板カバー工法を行います。

ガルバリウム鋼板は非常に耐久性が高いので、10年後にこういった不具合は発生しません。

今回塗装に比べ費用は多くなりますが、今後の安心を考えると最善のプランかと思います。

外壁の反り返り

外壁は反り返りが起こっていました。

紫外線や地震の影響です。

一度反り返ってしまうと完全に元通りにはいかないです。

できるかぎりビス等でとめこれ以上反り返らないようにしていきます。

外壁洗浄

工事は足場架設後、洗浄から行いました。

屋根は破損リスクがあったので最低限の洗浄にとどめ、外壁を中心に丁寧に洗浄していきます。

気温があがってきたのでなんとカッパを下だけ着て洗っていました!!

夏の時期の洗浄は気持ちいいですね。(体温的に)

屋根洗浄

シーリング

洗浄後は外壁の下地処理、シーリングを行います。

古くなったシーリングは硬くなり、ひび割れを起こして防水性を失います。

こちらは塗装前に新しくシーリング材を充填していきます。

傷んだシーリングの上に塗装をしてもシーリングの機能は回復しないので要注意です。

シーリング

シーリング

シーリングは上塗りの色に合わせてシーリングの色も変えていきます。

反り返った外壁

反り返ってすき間が見えてしまった外壁。

外壁反り返りなおし

なんとか収まりました。

これなら塗装後反り返りの跡がめだたなくすみます。

コーキング

外壁と外壁のつなぎ目(シーリングされていない部分)は追加でコーキング処理していきます。

機能的にというより見た目的にすき間がない方がきれいに見えるのでご希望の方はこちらの工法で行っていきます。

外壁塗装

外壁塗装

外壁の下塗りを行いました。

2階と1階で塗装の仕上げ方法が変わります。

下塗りもそれに合わせて変えています。(見た目は同じ白に見えますが・・・)

外壁塗装

2階は濃紺の単色塗りです。

ここ最近は濃色を選ばれる方が増えてきましたが今回のO様の配色はかなり個性的でかっこいい仕上がりになると思います!

外壁塗装

2階外壁の上塗りです。

艶をやや抑えた仕上がりとなっています。

外壁塗装

1階の外壁はWBアート多彩仕上げです。

WBアート多彩はまるで外壁を張り替えたような仕上がりが得られる塗装で、ここ最近人気が高まってきている塗装です。

外壁塗装

特殊なローラーをつかって柄をつけていきます。

WBアート多彩は認定店制度になっており、認定施工店しか塗装することができない工法です。

しかも一度認定店になっても年間通して施工がない場合は認定店を外されるようなので、結構希少な工法になります。

弊社では年間を通してWBアート多彩の実績があるので仕上がりも自信をもってご提供いたしております。

人とは違う塗装をご希望の方は一度候補に入れてみてはいかがでしょうか?

外壁塗装

上塗り(クリアー)です。

合計4回塗りで立体感のある仕上がりになりますね(^^♪

正直、めちゃくちゃかっこいいです。

塗装

外壁塗装完了後、付帯部の仕上げ塗装を行います。

今回は基礎の塗装も行っています。

塗装

黒の破風や帯が全体を引き締めます(^^)

塗装はひとまず完了し、残すは屋根工事となりました。

梅雨の影響で屋根工事が遅れご迷惑をおかけしております。

工事完了までいましばらくお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。

それではまた!!