屋根カバー工法、外壁防水塗装完了後の水かけ検査を行いました

屋根カバー工法、外壁防水塗装完了後の水かけ検査を行いました

5/15~5/22 富谷市 T社様 漏水修繕工事

外壁防水塗装が完了し、いよいよ屋根工事の仕上げ作業になります。

今回のT社様の工場の漏水はいろいろな原因がありました。

そのうちの一つ、屋根に関しては塗装では雨漏りを止めることができない状態でしたので、もともとの屋根に新しい屋根材をかぶせる工法でのご提案となりました。

以前のスレート屋根だと、アスベストが含まれているものがあり、解体処分となると工程や、費用の面でかなりのご負担になります。

また、今回のような工場ですと屋根材を撤去するとそのまま雨ざらしになってしまうため、今回のようなカバー工法(重ね葺き)が最善のご提案になるのです。

雨漏りを止めるだけでなく、きれいに仕上がりました!

また、足場解体前に漏水がないか散水検査を行いました。

前日結構な量の雨が降って漏水してなかったので問題ないとは思いますが、こういうチェックは大切だと思っています。

検査も問題なく、完了しました。

建物は築年数が経過すると様々な傷みが出てきます。

大丈夫かな・・?と感じられたら一度お気軽にご相談して頂ければと思います。

それではまた!!