高圧洗浄から下塗りまで。順調に作業が進んでいます

高圧洗浄から下塗りまで。順調に作業が進んでいます

11/5~11/15 仙台市宮城野区 S様所有アパート② 外壁塗装・屋根塗装工事

仙台市宮城野区のS様所有のアパート、2棟目のご依頼になります。

建物の作りは似ているのですが、こちらは2回目の塗り替えです。

耐久性を重視し、無機塗装での施工を行います。

屋根の高圧トルネード洗浄です。

ハイパワーの洗浄機で汚れを落としていきます。

外壁の高圧洗浄です。

前回の塗り替えから10年以上経過していて、チョーキングがだいぶ見られていました。

丁寧に洗い流していきます。

外壁のつなぎ目のシーリングを撤去しているところです。

外壁のつなぎ目は目地と言います。

目地は外壁の動きにあわせて伸び縮みする必要があり、年数が経過すると硬くなり、割れたり切れたりしてしまいます。

また、一定の厚みがないと簡単に切れてしまうので、しっかりと打ち直す必要があります。

続いてプライマーを塗っていきます。

プライマーという塗料はシーリング材と外壁が良くくっつくように塗る塗料です。

これを塗らないとシーリング材が外壁から剥がれてしまうので、塗り残しが無いように丁寧に塗っていきます。

シーリング材、オートンイクシードを施工しています。

通常の変成シリコンよりも高い耐久性があります。

シーリングは傷むと漏水したりしてしまうので、建物の中でも重要な部分になります。

こういった部分もどのような材料を使用するのか、しっかりと確認する必要があります。

屋根の下塗りの写真です。

金属系の屋根でしたので錆止めを塗っています。

使用する塗料は2液のエポキシ錆止めです。

住宅塗装では最高クラスの密着力があります。

下塗り塗料も密着力の差がかなりありますので、上塗り塗料を吟味するよりも下塗り塗料にも目を向けてみたらいいと思います。

引き続き安全作業で頑張ります。

それではまた!!