工場や倉庫の改修工事について徹底解説!メリットから業者の選び方まで

工場や倉庫の改修工事について徹底解説!メリットから業者の選び方まで

企業にとっての大切な資産である工場や倉庫。

しかし、そんな工場や倉庫も年々劣化し、さまざまな不具合が生じるようになります。

そこで必要になるのが、工場や倉庫の改修工事です。

定期的にリフォームやメンテナンスを実施することで、工場や倉庫の資産価値を守ることができるようになりますし、従業員の意欲向上にもつながります。

この記事では、企業が工場や倉庫の改修工事をおこなう際に知っておきたい基本的な知識について解説していきます。

改修工事を実施する時期の見極め方や、リフォームやメンテナンスにかかる費用などについて詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

工場や倉庫の改修工事をおこなうことで得られるメリット

工場や倉庫の改修工事をおこなった場合、さまざまなメリットが得られるようになります。

期待できるようになる代表的なメリットとしては、以下の4つがあげられます。

(1)資産としての価値を維持できる

資産としての価値を維持できるようになるという点は、工場や倉庫の改修工事の実施で得られる大きなメリットです。

長い間改修工事をおこなわずにいると、工場や倉庫は徐々に劣化し、不具合が発生するようになっていきます。

そうなると、当然資産としての価値にも影響が出てしまいます。

工場や倉庫は企業にとっての大切な資産です。

その大切な資産の価値を下げず、維持するためにリフォームやメンテナンスなどの改修工事を実施するわけです。

改修工事をおこなうことで工場や倉庫の機能性を高めることができれば、資産としての価値を維持するだけでなく、価値の向上も見込めるようになります。

(2)企業としての価値を向上させられる

改修工事によって工場や倉庫の見た目や、機能性が改善・向上すれば、企業としての価値の向上にもつながります。

工場や倉庫は企業の顔です。

企業の顔になる工場や倉庫が劣化し不具合が発生した状態だと、企業としての価値は下がる一方です。

企業としての価値を低下させず、逆に向上させるためにも、定期的な改修工事が必要になります。

(3)労災の防止

工場や倉庫が劣化するとさまざまな不具合が発生してしまうようになりますが、それによって発生する可能性が高まるのが「労働災害」です。

例えば、雨漏りによって工場や倉庫の床が濡れてしまっていると従業員が転んでケガを負ってしまう可能性があります。

建材の劣化が進み、建材の一部が破損し、従業員に落下してしまうリスクも考えられます。

ただし、これらの労働災害は、定期的に改修工事をおこない不具合を解消しておけば発生することのないものばかりです。

従業員が安心して働ける環境を整えることは経営陣の務めでもあるので、やはり定期的に実施するべきだといえるでしょう。

(4)職場の士気が向上する

工場や倉庫の改修工事を実施することで得られるようになるメリットの一つが、職場の士気の向上です。

実施するリフォームやメンテナンスの内容にもよりますが、改修工事を実施した場合、工場や倉庫の環境が大幅に改善され、働きやすくなります。

そうなると工場や倉庫で働いている従業員がより意欲的に働けるようになるため、職場の士気の向上につながるというわけです。

職場の士気が向上すると、それに比例する形で生産性の向上も期待できるようになるので、非常に魅力的なメリットだといえるでしょう。

注目を集める工場や倉庫の断熱・遮熱工事

工場や倉庫で実施できる改修工事はさまざまですが、SDGsの意識が高まっている今、注目を集めているのが断熱・遮熱工事です。

断熱・遮熱工事は工場の屋根や外壁に断熱効果や遮熱効果のある塗料を用いて塗装をおこなうタイプの改修工事となっています。

工場や倉庫の断熱・遮熱工事を実施することで期待できるようになる効果としては、以下のようなものがあげられます。

  • 建物を暑さから守ってくれる
  • 建物内の気温の上昇や低下を防いでくれる
  • 節電や省エネが実現できる

遮熱効果のある塗料で屋根や外壁の塗装をおこなった場合、塗料の塗膜が建物を暑さから守ってくれるようになります。

太陽の熱は建物の劣化を早める厄介な存在ですので、その熱から建物を守ることができるのは非常に魅力的です。

また、断熱・遮熱効果が高まるため、建物内の気温の上昇や低下を防げるようになり、労働環境の改善にもつながります。

さらに、冷暖房が効きやすくなりますし、冷気や暖気が逃げにくくなるため、節電や省エネにもつなげることができます。

節電や省エネはSDGsの考え方の一つである「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」にもつながるので、工場や倉庫の断熱・遮熱工事は、これからますます注目される改修工事だといえるでしょう。

工場・倉庫の改修工事の時期の目安

工場や倉庫の改修工事が必要なことはわかってはいるものの、いつ実施すればいいかわからず頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?

そういった方に向けて、工場や倉庫の改修工事を実施する時期の目安となるポイントについて解説していきます。

(1)最近強い雨が降ると雨漏りがしている

もし、工場内で雨漏りが発生してしまっている場合は、すぐに改修工事が必要です。

雨漏りは建物の劣化がかなり進んでしまっているサインの一つです。

特に工場や倉庫の場合は、雨漏りが労災につながりかねませんので、雨漏りが確認できる場合は早急に改修工事を実施するようにしてください。

(2)外壁のヒビが目立つようになってきた

外壁に生じるヒビ割れは、「クラック」と呼ばれる建物の劣化のサインです。

クラックを放置していると、より大がかりな改修工事が必要になってしまうので、この場合も早急に改修工事を検討する必要があります。

(3)15年以上メンテナンスをしていない(塗装・防水工事)

工場や倉庫を建設して15年以上経っている場合や、前回メンテナンスをおこなってから15年以上経過している場合も改修工事を検討する必要があります。

なぜなら、屋根や外壁に用いられている塗料の耐用年数がすぎてしまっている可能性があるからです。

屋根や外壁の塗装に用いられる塗料の耐用年数は塗料の種類によっても異なりますが、10年が一つの目安になっています。

耐用年数を過ぎると防水など建物を守る能力が低下してしまうため、あらためて塗装をおこなう必要があるといえます。

(4)工場・倉庫内が暑い

工場や倉庫の中が暑いと従業員の働く意欲がそがれてしまいかねません。

また、真夏日が続く暑さの厳しい時期になると、熱中症になってしまう危険性もあります。

そのため、工場や倉庫内の気温が高い場合や冷房が効きにくい場合は、遮熱塗料で屋根や外壁を塗装するなどの対応が必要になります。

工場・倉庫の改修工事の費用の目安・相場

はじめに、工場や倉庫の改修工事にかかる費用は、

  • 工場や倉庫の大きさ
  • 工場や倉庫の現在の状態
  • おこないたい改修工事の内容

によって異なります。

例えば塗装であっても、一般住宅とは比べ物にならないほどたくさん塗料が必要となるため、塗装面積によって工場・倉庫の改修工事はコストが大きく変わります。

こちらで紹介する費用の相場はあくまで目安となりますので、実際に改修工事をおこなう際には、一度業者に見積もりを作成してもらうことをおすすめします。

ここからは、「屋根の塗装」「外壁の塗装」「屋根の修繕工事」という代表的な3つの改修工事について、費用の目安と相場について解説していきます。

(1)工場・倉庫の屋根の塗装にかかる費用の目安・相場

工場や倉庫の屋根を塗装する際の費用の目安・相場は以下のとおりです。

坪数シリコン塗料フッ素塗料遮熱塗料断熱塗料
50坪60万円~70万円~65万円~75万円~
100坪110万円~135万円~120万円~150万円~
300坪320万円~400万円~335万円~440万円~

工場や倉庫の屋根の塗装に使用される塗料にはさまざまな種類があり、どの塗料を採用するかによって金額が大きく異なります。

最も人気が高く採用されやすいのはシリコン塗料ですが、予算を抑えたい場合はウレタン塗料、遮熱効果によって工場や倉庫の環境を改善したいのであれば遮熱・断熱塗料を選ぶようにしてください。

(2)工場・倉庫の外壁の塗装にかかる費用の目安・相場

工場や倉庫の外壁塗装をおこなう際の費用の目安・相場は以下のとおりです。

坪数シリコン塗料フッ素塗料遮熱塗料断熱塗料
50坪60万円~70万円~65万円~75万円~
100坪110万円~135万円~120万円~150万円~
300坪320万円~400万円~335万円~440万円~

外壁に使用される塗料も屋根に使用される塗料と同じくさまざまな種類がありますが、やはり人気なのは価格がリーズナブルで耐久性も高いシリコン塗料です。

外壁塗装に採用する塗料についても、予算や求める効果にあわせて選ぶようにしてください。

(3)工場・倉庫の屋根の修繕にかかる費用の目安・相場

屋根材の破損など、屋根塗装でカバーできないケースの場合は、カバー工法か葺き替え工事によって修繕をおこないます。

工場や倉庫の屋根の修繕にかかる費用の目安・相場は以下のとおりです。

工法費用の目安・相場
カバー工法10,000~15,000円(1平米)
葺き替え15,000~25,000円(1平米)

カバー工法は、既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねる形で設置する工法です。

工期が短く、費用もおさえられるほか、屋根材を撤去しないため工事中雨などで工場内が濡れたり業務がストップする心配がありません。

葺き替え工事は、既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材に入れ替えるタイプの工法です。

カバー工法に比べて高くつきますが、地震などの災害に強く、耐用年数も長くなります。

ただし1975年以前に建てられた建物ですと、屋根裏などにアスベストが使用されている場合があり、撤去工事の際には事前の確認と対策が必要です。

工場・倉庫の改修工事を依頼する業者の選び方

工場・倉庫の改修工事は、専門の業者におこなってもらうことになりますが、業者によって技術力が大きく異なります。

同じ内容の工事を依頼するにしても費用にも差が生じるため、「どの業者に依頼するか」がとても重要になります。

業者選びで失敗しないために、知っておくべき3つのポイントについて解説していきます。

(1)実績が豊富な業者を選ぶ

業者を選ぶ際にまず注目したいのが、工場や倉庫の改修工事の実績です。

当然ですが、実績の少ない業者よりも実績が豊富な業者に改修工事を依頼する方がより満足度の高い仕上りになるので、実績の豊富な業者を選ぶようにするべきです。

実績はその業者の公式サイトで確認できます。

公式サイトに実績が掲載されていない場合は実績を偽っている可能性があるので、写真付きで実績を掲載しているような信頼できる業者を選ぶようにしてください。

(2)詳細な見積もりを出してくれる業者を選ぶ

工場や倉庫の改修工事に限らず、建物のリフォームやメンテナンスにはさまざま費用が発生します。

材料代はもちろん、人件費もかかりますし、工事の内容によっては足場代や養生代などが発生することもあります。

業者の中には、これらの詳細を省き、簡潔な見積もりを提示してくる業者がいますが、詳細を省かれてしまうとその見積もりが適切なものかが判断できませんし、他の業者との比較も難しくなります。

こういった業者とは異なり、詳細な見積もりを作成して提示し、細かく説明してくれる業者もいるので、そういった業者を選ぶようにしてください。

(3)保障やアフターフォローが充実している業者を選ぶ

業者の中には、おこなった工事に対しての保障が設けられている業者もあります。

そういった業者に工事を依頼した場合、万が一何かあったときに無償で対応してもらうことができるので、追加費用が発生してしまったり、泣き寝入りしてしまったりする心配がありません。

また、アフターフォローについても確認が必要です。

工事をおこなった後に不具合が発生しない場合でも、定期的に連絡をくれたり点検してくれたりするなど、アフターフォローがしっかりしている業者の方がなにかと安心できます。

工場や倉庫の改修工事は費用も高額になるため、できるだけそういったサービスが充実している業者を選ぶようにしてください。

まとめ

今回紹介してきたように、比較的頑丈な作りになっている工場や倉庫も、建物であることに変わりはないため、経年劣化は避けられません。

実際、雨漏りや外壁のヒビ割れ、工場や倉庫内の異常な暑さなど、劣化や不具合を感じている企業も少なくないかと思います。

その状態を放置してしまっていると、劣化が進み、より大きな改修工事を実施しなくてはいけなくなってしまう可能性があります。

また、不具合のある工場や倉庫だと、従業員の働く意欲も低下してしまいかねません。

そのため、劣化している箇所が見られたり不具合が生じているのであれば、ぜひ一度、工場や倉庫の改修を相談されてみてはいかがでしょうか?

相談する業者の選び方については、「工場・倉庫の改修工事を依頼する業者の選び方」の項目で紹介させてもらった内容を参考に、しっかりと相談に乗ってくれる優良な業者を選ぶようにしてください。

監修

宍戸 健志(ししど たけし)
株式会社SPS(宍戸ペイントサービス) 代表取締役
厚生労働省技能検定 1級建築塗装技能士
国土交通省技能検定 2級建築施工管理技士

1979年生まれ。宮城県名取市出身。
「妥協のない最高の職人仕事」が信念。「お客様の笑顔」のために磨いてきた塗装の仕上がりは、技術・知識だけでなく、お客様の満足度も宮城県内トップクラスを誇る。

宍戸健志